十津川村観光協会 玉置神社

十津川村観光協会タイトルバー
TOP > 玉置神社

玉置神社

聖地・熊野三山の奥の宮「玉置神社」
玉置神社人里遠く離れた紀伊半島中央の、熊野のやまなみの雲海は、 はるか太平洋を遠望する標高1077mの霊峰玉置山。
神々が降り立つ玉置山の境内には、神代杉をはじめ樹齢3000年といわれる老樹大樹が社となりその懐に抱かれるように荘厳な玉置神社の神殿が鎮座しています。
日本における神様は国常立尊主神が1番はじめに現れたとしています。
日本で祀られている神社は、玉置神社とそして岐阜 の位山、木曽の御嶽山(里宮)、伊勢外宮など極めて 重要なところに祀られています。日本最古の神社が玉置神社にあたります。
そして八柱の神の1神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)神と 夫婦神になられた伊弉册尊(いざなみのみこと)神が今の日本の国を お創りになり玉置神社に祀られています。

神代杉玉石社には大巳貴命(おおなむじのみこと)がご神体として祀られています。
2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコの世界遺産に登録され、「大峯奥駈道」が通る霊場として世界遺産に認定され、玉置神社の台所・社務所は国の重要文化財になっており由緒ある神社です。
初夏にはたくさんの石楠花(しゃくなげ)が咲き誇り、参道から境内まで石楠花が続き花の名所として多くの参拝客が訪れます。
境内には天然記念物の老巨杉郡(神代杉・常立杉・磐余杉・大杉などの)
樹齢3000年の御神木が叢生しており、清浄な空気と荘厳な世界があなたを太古の世界へといざないます。

めはりじいさん  神武天皇御東征のときこの地で兵を休め「十種神宝(とくさのかんだから)」の「玉」を鎮め(置き)武運を祈願されたことから玉置(たまき)の名前の由来となっておる。
山深い吉野の山中を神武天皇の道案内に立った八咫烏(やたがらす)が、わしらの祖先とのいいつたえがあるのじゃ
「修験道(しゅげんどう)の開祖」役の行者(えんのぎょうじゃ)さま、
弘法大師さま、天台宗の智証大師さまもこの地で修行されたそうじゃ。
世界遺産大峯奥駈道の「修験道の聖地」十番目の行場として行者さんの往来も盛んじゃ。
現在でもスピリチュアルなパワースポットとして有名なのじゃ。
大地創造のエネルギーが詰まったこの地で心身を浄化し、最高の癒しと心の安らぎをもとめて全国から数多くの方がまごごろの参拝に訪れておる。

めはりばあさん 「大和なる(古代は熊野じゃった)玉置の宮の弓神楽(ゆみかぐら)弦音すれば悪魔退散」と詠まれ、 全国的にも珍しい「悪魔退散」という特殊なご神徳があり、古くは皇族の方の悪魔祓いが行われていたのじゃよ。
玉置神社の参道の途中には、天然記念物の「枕状溶岩(まくらじょうようがん)」があるのじゃ。深い海の底から噴き出した玄武岩質マグマが固まったものじゃよ。
それが隆起して今の玉置山が創られたのじゃ。これは紀伊半島だけではなく日本列島の成り立ちを示す貴重な証拠となるものといわれておるのじゃよ。
玉置神社の駐車場から境内までは歩いて15分程じゃから、歩きやすい足元でおゆきなされよ。

玉置神社境内

玉置神社公式ホームページ http://www.tamakijinja.or.jp

御祭神

三柱神社の御祭神

末社・玉石社(たまいししゃ)

鎮座地:奈良県吉野郡十津川村玉置川一番地
電話:0746-64-0500
境内自由
「襖絵(ふすまえ)」拝観料300円
 
社務所の部屋の仕切りは杉の一枚戸で、六十数枚あり狩野派の狩野法橋・橘保春の筆によって華麗な花鳥図などが描かれています。
例大祭
本社・玉置神社 10月24日
摂社・三柱神社 3月初午の日
出雲大社玉置教会 5月14日

世界遺産予約バス(玉置山コース)の運行について

世界遺産予約バス(完全予約制)
昴の郷~十津川温泉~玉置神社
★運行日
土・日・祝及び毎月11日・21日・31日
※月末が30日の月は、翌月1日に運行します。
★運行時間
○昴の郷8:40 → 十津川温泉8:44 → 玉置神社9:24着
○玉置神社11:10発 → 十津川温泉11:50 → 昴の郷11:54
★バス料金
片道810円 往復1,620円
★予約先
十津川村村営バス管理運営事務所(奈良交通十津川営業所)
電話:0746-64-0408
★予約受付
8時30分~17時
★予約締切
乗車日の前日17時までに必ずご予約下さい。
★予約人数
1名様からご予約可能です。
★運休期間
※冬期(12/1~3/31)は、積雪及び路面凍結の恐れがあるため運休とします。

新しいウィンドウで見る

<<<トップへ戻る  瀞峡のページへ >>>

▲このページの先頭へ